変化点管理、3H(初めて/変更/久しぶり)の管理が重要だ!

「いつもと違う」とトラブルがつきものです。
まさしく、変化点管理が重要だ!!

最近では、通常、新幹線は、EX-ICで乗る私ですが、
事前に客先から回数券を渡されたものだから、
さて、どうするんだ?と少々ドギマギ!!
そうか、窓口で、指定席をとるんだなとのことで、指定をとり乗車しました。

岐阜から名古屋、新大阪で、地下鉄に乗ろうとしたとき、
TIOCAが通貨しない、
2度3度と、
そして改札事務所の方の顔を伺うと、
「岐阜駅で入ってからの清算がされていないと、、」
確かにJRから新幹線乗り換え改札で、TOICAをかざしたものの
音がしなかったような、気がしたが、
難なく、改札を通過できたものだから、
なんら気にせずにいたら、そうか案の定。

そして、帰り、
名古屋駅にて、
TOICAの清算をしようと、新幹線のJR乗り換え改札を出てから、
名古屋駅の改札で、話をすると、
「どこから来ました?」、
「新大阪から、新幹線回数券で」
「回数券を見せてください。」
「エッ、、、、」
「回数券は出てくるはずですけど、、、」
「あっ、そう、、、、」
とのやりとりをしていると、
すかさぜ、駅員さん、電話で確認し、
回収されていない回数券が存在していることを確認すると、
「はい、どうぞ」
って通されました。

最近、回数券を使ったことがなく、トラブル続きでした。

まさしく、仕事においては、
変化点管理、
3H ”初めて、変更、久しぶり”
の際の業務及び管理手順を明確にしておくことが
重要だと再確認するヒトコマでした。

25年以上「ISO審査員」を務めた経験を活かした相談会

ISOマネジメントシステムの効率的・効果的運用に向けてのカイゼン支援を行っています。

日時:随時(メールで、日程調整をさせていただきます。)
方法:基本TVミーティング(Zoom)で行います。(1時間~2時間程度)