例1:トヨタ方式、IEからの学びをベースに生産・物流改善

経営課題

生産物流現場を良くしたい。
生産性向上・リードタイム短縮・在庫低減を図りたい。
現場に潜むムダを、認識・顕在化させたい。
当事者意識やコスト意識を持って、前向きで継続的なカイゼン活動にさせたい。

→カイゼンポリシーに基づき支援します。

  • 2Sから始める生産・物流現場改善
  • 流れ化改善、見える化改善
  • 標準作業、ムダの顕在化、ムダ排除
  • 受注連動・同期生産しくみづくり
  • 小集団改善活動の推進 など

関連参照情報

例2:トヨタ式及びISOからの学びをベースにマネジメントカイゼン

経営課題

経営と現場が一体感を持ち、全社一丸となって、事業・カイゼンに邁進したい
PDCAの回る、活性化した組織をつくりたい。
ISOマネジメントシステムを真に経営に役立てたい。
複数混在したマネジメントシステムを統合したい

→カイゼンポリシーに基づき支援します。

  • ISO9001ステップアップ

経営目標から現場目標への展開(行動のWHYとHOW、役割認識、現場への落とし込み)
PDCAサイクルの短サイクル化と声掛け・指導(日々/時間/今、良いか悪いか?)
現場での月次報告
要員スキルアップ管理(鍵となるスキルのレベル分け、育成計画・管理)
内部監査ブラッシュアップ(目的志向、現地現物志向、チェックリスト効果的作成・運用)
是正処置の徹底(”気をつける”にとどまらせない真因追及と対策、現地現物主義、皆の知恵)
文字情報データ分析開発(不適合、是正などを機に記録された知識・知恵の検索)
文書体系スリム化、文書管理・記録管理のIT活用
形式的及び過度なシステムの現実化 (例:供給者評価方法、管理対象計測機器のランク分けなど)
ISO9001、14001及び27001の統合

  • ISO9001認証取得
  • ISO14001認証取得
  • QMS省令認証取得

関連参照情報

例3:ITコーディネーターサービス

経営課題

導入したITが、効果的に活用されていない。何とかしたい。
ICTの活用が叫ばれているが、ムダな投資になるのが心配で、具体的に進展できない。
確かな選択と、着実なステップにより、確実な効果を獲得できる活動を展開したい。

→改善ポリシーに基づき支援します。

ITコーディネータが各々の得意分野を受け持ち、IT経営を支援。システムを導入して、おしまいではなく、確実な成果に結びつけるためには、目的の明確化・共有化から、導入後引き続きの監視と改善活動が必要。その一連のプロセスを設計し、推進支援を行う。
導入したITの効果的運用
IT投資も視野に入れた業務改革の企画推進
IOTを活用したカイゼン活動の加速化
チョットしたIT知識・スキルを活用した身近な業務の効率化
手書き作業の削減、入力作業のワンエントリー化・効率化、データ分析の効率化等
情報セキュリティ体制の構築(Pマーク、ISMS)
情報スキルアップの推進。

関連参照情報

  • ICT/IOTを活用したカイゼンの加速支援(カイゼンギャラリー)
  • 業務改革プロセス
  • 製造プロセスにおけるIOT ICT技術の活用
    中小製造業における現場自動収集の仕組み活用による
    現場マネジメント力の向上
  • 生産現場情報収集・リアルタイムフィードバック&集計分析道具たて
  • もしも、動線が見えたなら、

 

サービスメニュー

今日から実践出来る。"製造現場をカイゼンするヒント"をお届け。

従業員50人から500人の製造業で、今日から実践できる現場カイゼンのヒントをお届けするメールマガジンです。