「現場への周知と徹底がうまくいかない・・・」とお悩みの中小企業の経営者・ISO責任者の方へ

ISOのブラッシュアップ、あなたはこのような問題を感じていませんか?

  • 手数が増えて厄介に思える管理を、他社では、どんな風にしているんだろう?
  • いつまでも「ISO的には」との言葉が飛び交い、別枠として取り扱われている
  • 形骸化しているように思える供給者評価、顧客満足調査は、このままで良いのか?
  • 計測機器の校正に、大きな費用が掛かっているが、何とかならないものか?
  • 似たような不適合の再発が止まらない。
  • 現場への周知・徹底がままならない。
  • 内部監査が、有効に機能していない(あるからやっているに過ぎない)
  • 結果系指標に対して、プロセス系指標をうまく展開できず、なかなか良い経営成果に結びつけれない。
  • ICTを使って、文書・記録の管理をしたいが、承認や印鑑はどうしたらいいんだろう?

など・・・

当社は、このような問題に対してISOマネジメントシステムの効率的・効果的運用に向けたカイゼン支援を行っています。

例えば・・・下記はその一例です。

「ISO9001ステップアップコンサル例」

「内部監査員ブラッシュアップ研修例」

「ISO統合とスリム化事例」

これらの支援は、約25年に渡る、ISOの審査員、コンサルタントとして数々のマネジメントシステムと関わってきた経験より培われてきたものです。

審査においては、組織自ら上述したような疑念を持ちながらも、そのまま運用・維持している場面や、もう一歩カイゼンすれば、効果的になるだろうにと感づる場面に、多く直面してきました。

また、コンサル経験を通じては、ISOに関連したマネジメントマニュアルや帳票の数々を蓄積していきています。したがって、数ある事例の中から、組織の事情に応じた適切なものを選択し、ヒントを提示することができるわけです。

自社で定めたやり方しか目にする機会が無い多くの組織の方にとっては、他のシステムを目にすることは、新たな気づきや驚きを生み出し、カイゼンへのきっかけとなる良き機会かと思います。

特に、リスクベースの考え方に関連した帳票や、内部監査に関連した帳票は、多くの中小企業にご活用いただいており、参照いただくと御社の参考になるかもしれません。

「社内に浸透しやすいちょっと変わったユニークな品質マニュアル」

なかでも、

「小難しいマニュアルでは組織に浸透しない・・・」と相談を受けて作成した「ちょっと変わったユニークな品質マニュアル」は、きっと参考になるはずです。

このマニュアルは、25年に渡りISO審査員とコンサルタントを担当した経験から作成しています。

お申込方法

下記のお申込フォームに必要事項を入力して頂き、送信をしてください。「社内に浸透しやすいユニークでちょっと変わった品質マニュアル」を、入力頂いたメールアドレス宛に資料を送付します。


同業(コンサルタント・講師など)の方、個人の方のお申込はご遠慮ください。

【登録に対する個人情報管理について】
 (1)ご記入いただいた個人情報は、次の目的の範囲内で利用させていただきます。
 ①コンサルティング、研修、セミナー、イベント等の業務遂行
 ②コンサルティング、研修、セミナー、イベント、マネジメント情報等に関する情報提供や資料の送付
 ③問い合わせ対応や必要事項の連絡 
 (2)「個人情報保護法」を遵守し、適切に管理します。第三者に提供することは、ありません。
 同意頂ける場合は、次にチェックをお願いします。

 

 

 

 

【初回無料】「製造現場のカイゼン」無料相談はこちら

「製造現場のカイゼン」でお悩みの経営者様・経営幹部様へ。

【無料】初回面談(オンラインミーティングにより、1時間~2時間程度)

ご要望に応じて、会社訪問し、工場を観察した上での相談対応(3時間程度)させていただき、
「カイゼン課題シート」の作成・ご提示を致します。