チームワークこそが、生産性向上の鍵

今日も、これまでに行った業務改善に加え、
今後の業務改善になすべきことがテーマでした。
議論を通じて、
あらためて、
次を、働き方改革・生産性向上の基本として
落とし込みたいものです。

1. 準備をする
仕事は、いつも、時間軸の一定期間先を見つめ行いたいもの、
ひっきりなしに、次から次へと迫られる中、
一瞬気を許すと
いつも足元ばかりをこなす状況になってしまう。
足元が忙しいと
つい、やるべきことを忘れる、、、
もしくは、わかっちゃいるけど、横着する(スキップする)
ことが横行してしまう。
そして、やがて、後追いの火消し仕事が増大する羽目に。

段取りすべきこと、実施状況及び担当者の負荷状況などを分かりあって、
チームで助け合って、準備対応をしたいものです。!!

2. 溜めない 仕事術
「夏休みの宿題をいつやりましたか???」
間際に、大慌てで、やっつけ
こんなスタイルだったひとは、今も同様かもしれません。
”溜めない、先送りしない”と心がけても、、、
これまでの習慣は、なかなか変えられない。

こんな時も、
チームで声かけあって、応援です。

3. 集中したい時を、邪魔しない!!
障害物競争をしていては、16秒で走れるところも、〇〇秒になってしまいます。
「ちょっとお尋ねしたい。今、良いですか?」
快く応対したいけど、今はチョットと思いつつも、現実尋ねられてしまってからでは、対応せざるを得ないって、事もあります。
仕事の内容によって、今は、”集中集中”、邪魔しないでタイム!! が組織で共有されていれば、
聞く側も、聞かれる側も、
とっても心地よい関係性が築けられることでしょう。
こんな場面にも、チームの約束事が功を奏します。

4. すき間時間を有効に
隙間時間を上手に使いたいもの。
アポの時間に、あと10分ある。
この時間を活用できる仕事の準備をしておき処理できると、
どんなに、自分を助けることになるでしょう!!
上司からのメールへの応答も、緊急でなければ、すぐにせず、
例えば、隙間時間に対応する。
なんて、組織のルールも
発信側、受け取り側にとって、
変に気を回さずに、生産性向上につながる小さな1案かもしれません。

5.チームワークこそが、生産性向上の鍵
理念をチームで共有
流されがちな日常をチームで意識化
各位の弱みをチームでサポート!

チームワークこそが、
生産性向上の鍵といえるでしょう!!

「現場カイゼンが進まない、続かない・・・」とお悩みの中小製造業の経営者・現場責任者の方へ

30年に渡る”製造現場のカイゼン活動ノウハウ”を体系化した「良い現場づくりのフレームワーク」に関連する研修資料(抜粋15スライド)が無料でダウンロードできます。