製造業のDXコンサル事例:自動車部品会社での品質DX

 

弊社のクライアントでは、今、デジタル化の流れを加速させています。

そんなひとつに、自動車部品会社の「品質DX」があります。

ここ3か月間の、企画構想段階を経て報告会を行い、社長からのGoサインに至りました。

同社とは、17年間ほどのお付き合いで、これまでは、3現主義での3S、流れ化、1人工化、作業改善、設備保全、各種基準づくりと目配りポイントの設定及びアクション現場リーダーの育成に力を入れてきました。

そして、大きな進化を実現してきました。

とともに、そんな中、現場マネジメントが進化するにつれ、小まめな記録や、集計、分析、報告、、、とそれに加えて、管理/監督者任務も、
確かに、増加するものです。

毎日日報に目をやり、ハンコを押す管理者の姿、メンテ仕切れないグラフ   等々

管理工数の増大も、否めません。

当然のこと、アクションへとの動きも、理想として描いている姿との乖離が、なかなか埋まりません、

一般的に、自動車部品会社では、3現主義を尊重して、最たる管理レベルにあるものの、一方、デジタル化、ICT化への力の入れようが、
いまひとつ  と言うのが、私の見方です。

コロナ禍で進むデジタル化の中で大きく舵を切る。

しかし、今般、コロナ禍にあり、デジタル化の流れが進む中、同社も大きく舵を切りました。

まだデジタル化が始まったばかりの同社においても、

つい先日、現場からの設備稼働状況のデータを示され、

これまでなら、

「そうか、もう少し、調べて、報告してくれ!!」

との応答で先延ばしとなる件が、、

「分かった。すぐに〇〇の対応をしてくれ!!」との、素早いアクションへとつながりました。

”これぞ!!デジタルを駆使して早期の異常察知””

との、デジタル威力を実感しています。

あらためて、同社では、

この3か月の企画・構想段階を経て、これまで培ってきた3現主義で現場カイゼン、管理体制を整備してきた土台に、
データとデジタルを積み上げていく

そして、ビジョン実現に、経営理念の追求へとの道筋を描きました。

検討する過程では、

「えっ、こんな事やってるん??」

との事象が、あらためて多く顕在化され、(在庫調査、出荷チェック、、、、、)

今後、膨大な工数を割いている工数の削減は、もちろんのこと

トップ方針として示された

”品質”に対して

品質DXと称して、

製造業(自動車部品会社)DXの取組み「品質DX」

(1)安定生産、スリムでバタバタしない現場づくり”

①外部データ連携含んだ販売・生産期間業務システム
②量と質を含めたリソースの管理

→顧客情報と在庫情報を主な情報源に生産計画への自動展開、指示と完結の管理を!
→顧客との間、仕入先との間とで、データ自動交換を!
→在庫・リソースともに適量で、適正なリソースを提供を!!

(2)作業を支援する現現場づくり

→過去トラや計画変化点、久しぶりなどへの注意喚起を!!

(3)異常に早く反応する現場づくり

→異常を察知し、突発変化点への対応を!!

(4)問題をつきとめる現場づくり

→起こってしまった問題を、追跡し/カメラで事実の確認を!!

(5)過去体験を活かす現場づくり

→成功体験/失敗体験を組織の知識に!!

(6)稼ぐ現場づくり

→結果を早く知り、早く対応!!

を描きました。

これらにより、早く/速く

かつ

データに基づく確かなアクションへとつなげ、そのアクションと結果が結びつく喜びに益々の好循環を産み出し、
大きなカイゼン とともに 小さなカイゼン を含め益々の進化を目指します!!

コミュニケーションのスタイルを変え、思考と行動様式を変え、まさしく、デジタルを活用してのトランスフォーメーションを
形にしていきます。

いままさに

DX ready!! (位置について、、、用意、、)
そして、Go!! (スタート、、)

幕が切って落とされました。

描いた絵に向け、細かな目配りを怠らず、確実に実りを獲得していきます。

「現場カイゼンが進まない、続かない・・・」とお悩みの中小製造業の経営者・現場責任者の方へ

30年に渡る”製造現場のカイゼン活動ノウハウ”を体系化した「良い現場づくりのフレームワーク」に関連する研修資料(抜粋15スライド)が無料でダウンロードできます。