「現場をよく見ろ」と言うものの・・

「コスト意識を持て」、「もっと集中してやれ」、「現場をよく見ろ」

どれも、良く言われそうな言葉です。

しかし、よく考えてみると、この言葉によって、行動を変えるに至らないことの方が多いことでしょう。

なぜなら、何をしてよいのか、伝わっていないから、
もしかして、伝えた側も、分かっていないから、、、

例えば、「現場をよく見ろ」

さて、一体何を見るのでしょうか?

これが組織で共有されていないと、この言葉は、ただ素通りするばかりです。

例えば、
・必要以上と思われる仕掛の存在/量/置かれ方
・館内放送や電話にて、何度か持ち場を離れる現場リーダー兼作業者
・何度と製品が入った箱を少しづつづらす作業
・やりづらそうに見える作業に、「大変ですね」と声をかけると、「いえ、いつもの事ですから大丈夫です」と誇らしげに返ってくる言葉
・5分前に止まった設備に、だれもまだ対応に来ない場面

等々、ムダの存在や儲けへの糊しろ

さらには、

・現場に入った私をチラッと一瞬横目で見、すぐに目をそらす姿
・大雑把な時間の刻みで、記録された日報
・よく見ると矛盾のある数値がプロットされたはりぼてグラフ
・埃がかかって風化した掲示物

等々、企業文化やマネジメント体制、改善活動の程度

「現場をよく見ろ!」に対して、現場での”目配りポイント”を明確にしておきましょう。

「コスト意識を持て」、「もっと集中してやれ」

どれもこれも具体化させることが、行動変革への第一歩です。

【初回無料】「製造現場のカイゼン」無料相談はこちら

「製造現場のカイゼン」でお悩みの経営者様・経営幹部様へ。

【初回無料】で面談・工場見学をさせて頂き、簡易診断シートを作成・ご提案致します。

まずはお問い合わせください。