強い現場づくりは、基準つくりから

強い現場づくりは、基準つくりから

中小製造業のトップへ

「どんな会社にしたいですか?」との問いに

現場絡みに関しては、

「強い現場が実現されている」、「PDCAが回っている」、「現場監督者が機能している」、等

応答がよく聞かれます。

これらの言葉、的を射ているものの、
その具体的なイメージは?というと、今ひとつ明快ではないでしょう!

この言葉を伝えられた側も、きっと
「フ~ン」って感じで、素通りするだけのように思います。

T社系大手自動車部品メーカーを顧客とする中小製造業においても、
同様の場面に遭遇しました。

もっと具体的行動や現場の姿をイメージ出来るよう打ち出す必要がある!

こんな思いを抱きながら、じっくりと現場を見ていきました。

現場に出向くと、並みの中小企業とは異なり、頭ひとつふたつ抜きん出ている印象を持ちました。

多彩な管理道具、かつ、その一つ一つに見るきめの細かさ。

顧客からの指導の跡が、クッキリと見てとれました。

しかしながら、さらに凝視していくとほころびが見えてきます。

総括的には、
(1)顧客からの指導の中心が品質中心であるため、生産性や流れ化の観点からのマネジメントに欠ける

(2)事後的管理色彩が強く、予防的管理に欠ける

(3)多彩な管理道具も、アクションに結びつかず、またさばききれていないものがある。

具体的には、例えば、

①品質目標グラフ  目標線がおかしくないか
②出来高グラフ  良し悪しのジャッジが出来ない
③多台持ち人員配置  適正かどうかわからない
④仕掛置き場  適量がわからず、良し悪しのジャッジが出来ない
⑤変化点管理    異常の際の記録確認用であり、先行管理に生かされていない。
⑥金型置き場    表示欠落している
⑦スキル表  計画が見えない。また、工程間の応援が出来ることを考慮したい。
⑧個人別宣言表  一部停滞
⑨班長さんの動きチェック 停滞

など

これら一見整っているやに思われれながらも、中々うまく機能していない現況が、きっと
「強い現場が実現されている」、「PDCAが回っている」、「現場監督者が機能している」と
言わしめているんだと感じました。

ならば、やはりこれら基準を再整備すること。

(1)品質のみならず、生産性も、流れ化視点も含め
(2)事後的管理ではなく、先行管理的に
(3)ジャッジができ、アクションに結びつくように

これら基準があってこそ!!

これとの関連で
「強い現場」、「PDCA」、「現場監督者の機能」を
考えていくとにより、皆とイメージを鮮明にしていけることでしょう。

強い現場づくりは、

まずは、基準づくり から

です。

「現場カイゼンが進まない、続かない・・・」とお悩みの中小製造業の経営者・現場責任者の方へ

30年に渡る”製造現場のカイゼン活動ノウハウ”を体系化した「良い現場づくりのフレームワーク」に関連する研修資料(抜粋15スライド)が無料でダウンロードできます。