「今、生産の状況は順調ですか?」との問いから、現場マネジメントのレベルを伺う!

中小製造業の現場に立って,現場リーダーにこう問いかけることにしている。

本多
本多
今,生産の状況は順調ですか?

次は,これに対する,あるひとコマである。
問いかけられたリーダーは,少しキョトンとした様子をしたかと思うと,壁にある時計に目をやり,機械周りの様子を見て,

はい、順調です。
リーダー
リーダー

本多
本多
その根拠は何ですか?
まず赤箱(不良箱)にモノが無い。 この時間に, これだけのアウトプットが仕上がっている。 だからです。
リーダー
リーダー
本多
本多
なるほど。では,今順調だということを,作業者は認識できていますか?
,,,,,いいえ,できていません。
リーダー
リーダー
本多
本多
さっき,あそこに見える機械,止まったようですが,まだ誰も対応に来ていませんよ。
あっ,,,。すいません。ちょっと見てきます。
リーダー
リーダー

この質問の意図は,
今順調か否かを掌握して
関係者各位がどのようにアクションをとっていくかのしくみが,
どの程度仕組まれ,実行,維持されているかを伺うことにある。
良し悪しの基準は何か?
何をどのように見れば良いか?
その基準は,どのように設定されたものであるか?
会社方針・上位方針との関連性はどうか?
だれがいつ監視し,フィードバックするか?
現場要員に認識されているか?貢献意欲を持ち,達成感を感じられるフィードバックとなっているか?
異常発生時(または事前に)察知できるか?

「今、生産の状況は順調ですか?」 との問いから、現場マネジメントのレベルを伺っています。

そして、マネジメントマネジメント体制の整備へと!!

*関連記事リンク

強い現場づくりは、基準づくりから

「現場カイゼンが進まない、続かない・・・」とお悩みの中小製造業の経営者・現場責任者の方へ

30年に渡る”製造現場のカイゼン活動ノウハウ”を体系化した「良い現場づくりのフレームワーク」に関連する研修資料(抜粋15スライド)が無料でダウンロードできます。